フラワーエッセンス > フラワーエッセンス 効果 > フラワーエッセンス前後のオーラ写真
  • いやしの芸術的インテリア雑貨・サンキャッチャー
  • フラワーエッセンス前後のオーラ写真

    Pocket

    今年から、もう一つのフラワーエッセンスの講座にも通い始めた。全8回・26時間の「ヒーリングハーブズ アドバンストコース」だ。

    私は、妊娠してから体力レベルがびっくりするほど低下している。すぐに体力が切れるので、自分でもやりたかったことが終わらず、次に繰り越しで、どんどん溜まっていくのがはがゆくて、じれったくて仕方ない。状態としては、いきなりウルトラマンタイマーが点滅しはじめ、数分後にはぐったり動けなくなる。そのため、この講座に申し込むのも迷ったが、今どうしても行っておかなければならない気がして参加したコースだ。

    バッチレメディの元となる植物の詳細な情報を学んでいくのだが、この日はインパチェンス、ミムラス、クレマチスだった。終わった時に、学びを深めるためにそのうちのどれか一つを飲んでみるのだが、その頃にはすでに体力が尽きて、私は精神がただよってぼーっとした感じ(笑)だったので、「夢見がち」な人によいクレマチスを飲むことした。

    飲用前後でオーラ写真を撮った。クレマチスを飲んだ後、ますますボーっとして、”夢見ごち”状態が進んだ気がする(笑)

    写真は左が飲用前、右が飲用後。実は、データ的には喉のチャクラの色が違うだけで、他は全て同じ。データ的には、右:ピンク紫、中央:青緑、左:青緑 だ。

    緑は変化の色なので、変わりやすい。飲用前は一見ブルーに見えるが緑のバリエーションの中で青に近い色が出ているのだろう。

    色的には、青の方が周波数が高いので、エッセンス飲用後、オーラの色から見れば周波数が下がっている。ただ、私以外にもクレマチスを飲んで周波数が下がった方もいた。一般的に、周波数の高い寒色系が精神的な色と言われ、周波数の低い暖色系の色は肉体・現実的な色と言われる。周波数が低いからと言って悪いことではない。「地に足をつけて(グランディング)現実的に頑張る」ことが必要な成長時期であるだけの話だ。

    クレマチスを飲んで、私と同じように周波数が下がった先生と話していて、共通したのは、「飲んで特に変化は感じなかった。いつもと同じ」といったこと。「このオーラの変化は、クレマチスを飲んだことでグランディングしはじめた結果、色の周波数としては下がったのだろう」ということで、お互い納得した。

    エッセンスを飲んでオーラ写真を撮ると、いつもおもしろい。

    コメント(0)|2006年1月13日11:06 PM

  • アンケート

    フラワーエッセンスはいかがですか?

    View Results

    Loading ... Loading ...
  • アーカイブ

  • フラワーエッセンス前後のオーラ写真