種まき

実家の友達が、遠く離れた福岡にいる。

結婚が決まり、彼の転勤先の福岡に行ったのだが、彼とうまく行かないらしい。「もう別れる!」といっぱいいっぱいの様子と聞いて、気になってメールしてみた。

彼女は、私が募集しているフラワーエッセンスお試しモニターを一度体験してくれ、次もしたいと言ってくれていたのだが、私自身が結婚で、いっぱいいっぱいだったので、フラワーエッセンスモニターを一時停止していた。

彼女は、自分がどうしたいのか自分でも分からないことに悩んでいた。彼との結婚も流されるように決まったが、そのことに対しても、自分がどう感じているのか分からないと言う。おそらく、彼も同じようなタイプだろう。結婚もなんとなく、まわりの雰囲気に流され、決まったような感じで、二人だけでは何も具体的なことが決まらない。あまり会わない状態でのつきあいが、約13年間ほど続いたようだが、つきあっていると言えるのか微妙な感じだ。ほとんど自然消滅のように、別れる方向で流れていたが、彼の転勤をきっかけに、結婚話となったようだ。

彼女は実家のある岡山から、彼のいる福岡に1ヶ月ほど行っていたらしいが、彼女いわく、彼は休みの日には仕事と称してパチンコに行く、彼女を置いたまま一人で旅行に行くといった様子で、話し合いなどできる状態ではなかったらしい。

共通の友人から、そんな彼女の様子を聞き、メールしてみた。彼女は、一人で思い悩み、いっぱいいっぱいの様子だ。

“今の彼女には、エッセンスが力強いサポートとなってくれる。”と私は思った。彼女は、人生の岐路に立ち、彼女の中で何かが変わるチャンスが訪れている。苦しい状況は、魂をより高い次元に成長させるチャンスだ。それを乗り越えられるレベルが高まっているからこそ、彼女に課題として提示されている。

エッセンスは、感情に呑み込まれている状態から、一歩ひき、自分自身を冷静な目で観察できる状態にまで落ち着かせてくれる。

感情でいっぱいいっぱいの状態で、正常な判断はできない。一時的に、苦しい状態から逃げたとしても、また別のところで、別の相手で、同じことを繰り返すだけだ。乗り越えるまで、新しいステージには行けない。壁を乗り越えるまで、グルグルと同じところを回るだけだ。

ただ、彼女が最初にエッセンスを試した時、私は本当に彼女の魂の成長をサポートできたのか、ずっと気になっていた。彼女に、自分が成長したという、確かな実感がなかったように思えたからだ。

私は大阪で、彼女は岡山だったので、私のサポートが足りなかったのか?

大阪のモニターさんには、私が直接会って話を聞き、飲み続けた後の自己の成長を信じて、約3週間もの間、エッセンスを飲み続けるためのモチベーションを持ってもらえるよう、私がサポートしている。彼女の場合、遠隔地であるので、それが不十分だったためではないか?

エッセンスは、自己の成長、ひいては、魂の向上をスピードアップし、スムーズにする優れたツールだ。対処的に使うのではなく、いけるところまで魂をどんどん向上させるため、使っていって欲しい。最初にエッセンスに対して失望させてしまうと、こんなにお手軽で、リーズナブルなのに、確かなサポートをしてくれるフラワーエッセンスというツールを使うチャンスを、私が奪ってしまうことになる。私の役目は、エッセンスを飲み終わった後に、確かな成長を実感してもらうためのお手伝いだと思っている。

彼女には、エッセンスが必要だったが、前回遠距離のため、うまくいかなかったのではないか?と懸念していた私は、安易に、電話やメールでエッセンスを勧めることができなかった。

しかし、彼女にとってのチャンスを無駄にはできない。考えた。そうだ!私が学んでいるフラワーエッセンスセラピスト講座の受講生仲間で、フラワーエッセンスのショップを開いている同期生が熊本にいるではないか!彼女にお任せしよう!

友人に勧めたところ、驚くべきスピードで、翌日に連絡を取り、その二日後にセッションを予約したそうだ。

熊本の同期生は、私なんかより、もっと経験豊かで、私が彼女に伝えて欲しいメッセージも、同じように感じて伝えてくれるはず。安心した。

そして、セッションの翌日である今日、熊本の同期生が連絡をくれた。私の予測どおり、私なんかよりもっと彼女にパワーを与えてくれ、エッセンスも処方してくれたようだ。あぁ、よかった!もう大丈夫だ。

その時、彼女に言われて(いい意味で)一瞬背筋が寒くなったのは、「やすこさん(私のことです)が、彼女にエッセンスを飲ませてあげたから、彼女はここに来れたんですよ」 同時に言われたのは、「”大丈夫”と繰り返して言うと、自分の中にパワーが生まれ、元気になりますが、エッセンスは、飲むだけで、それと同じ効果があることに気がつきました。」

そう。エッセンスは、飲むだけでいいのだ。いわゆる、成功法則の本にあるようなことを実践しなくても。いわゆる、瞑想をして神につながらなくても。

私の同期生がその時言ってくれたことをまとめると、彼女がエッセンスを飲んでいたことで、自分の奥深くにつながるルートが開け、直感が働くようになっていたからこそ、躊躇することなく、まだ一度も会ったことも、どんな店かも知らない人に会いに行けたのだ。

彼女が最初にエッセンスを飲んだ時には、成長を実感できていないようだったが、見えないところで、ひそやかにエッセンスが効いていたなんて!驚きだった。

同期生は、同時に教えてくれた。対処的に、自分でエッセンスを選んで使っている人と、プラクティショナー(エッセンス処方士)にエッセンスを処方してもらっている人との魂の成長度合いが違うことを。一年後、その違いは格段に違うそうだ。

プラクティショナーの大切さと役割をしみじみ教えられた。こんな素晴らしいことを教えてくれるきっかけを与えてくれた福岡の彼女に、深い感謝の念を覚えた。本当にありがとう。

PS 

ちなみに、プラクティショナーに「全ての人間に神が宿る」ことを信じて、その人の無限の可能性と成長を信じる信念が必要です。私たちが学んでいるセラピスト講座は、そこを一番としています。そのため、私たちも、エッセンスを選ぶ時には、現実に見えている問題ではなく、その人の本来の魂の輝きにフォーカスをあてます。

カテゴリー: フラワーエッセンス 効果コメント(0)

  • アンケート

    フラワーエッセンスはいかがですか?

    View Results

    Loading ... Loading ...
  • アーカイブ

  • フラワーエッセンス