声診断のリーディング

先日、相川陽介さんに、「声診断」をサクッとして頂きました。

今はもう個人セッションはされてないようなので、とてもラッキーだった模様♪
ちなみに、相川陽介さんは今年の9月にイタリアに移住されるそうなので、その後は相川さんのコースを巣立った講師陣が日本で引き継いでなさるようです。

相川さんの声は、ヒーリングボイスなだけでなく、眠っている奥深いところを揺さぶって活性化してくれる感もあります。機会があれば、ぜひライブに行ってみて下さい(^_^) ちなみに、最後の日本横断ライブがちょうど始まるところなので、チェックしてみてください。

————————————————–
相川陽介さん Facebookページ
https://www.facebook.com/yohsuke.aikawa
————————————————–

さて、声診断とは何か?うーん、説明が難しい(笑)。

相川さんは、声を手がかりに色んな情報をキャッチできる才能があるようで、話しながら、私の肩のあたりや頭の上などを視ながら、こう私に伝えてくれました。

「前世で武士だった時があるみたいだね。あぁ、江戸時代の武士だ。

あぁ、善良ないい武士だった。まっすぐな正直な目をしてる(たまに、“悪い武士”もいて、その場合はたちが悪いそうだ(笑))。よかったね。

ものすごく真面目で頭のかたい、信頼できる武士。

その時、とっても硬くしすぎたから、今回はもっと力を抜いて柔らかく行こうと思って、女性を選んで生まれてきてるね。その時は、がっしりした現実的なお固いことばっかりしてたから、今回は、直感や感性など、目に見えない感覚的なことを感じよう、味わおうとしてきてるみたい。それもあるから、女性を選んで生まれてきたんだね。

それがあるから、オーラソーマとかアロマとかに惹かれたり、そういうことをしてくんじゃないのかな。

武士の時は、頭はものすごく固かったけど、身体はものすごく柔軟だった。今は、頭は柔らかくなってきてるけど、その時とちょうど逆で、今度は身体がものすごく固い。声を出すには、体も柔軟でないといい声が出ないから、ストレッチや柔軟をして、体を柔らかくしてって。

(と言われ、その後、私は、整体院でされるほぐしの数倍のハードさと時間をかけて、肩甲骨、腰、足などをほぐしていただきました。「これ以上曲がりません!」「いたたたた~!」と叫びながら(笑)。まさか、ボイストレーニングに来て、こんなに体をほぐされるとは思わなかった(笑))

それとね、やっぱり女性として生まれてきた意味をもっと大切に考えて。

女性しかできないこと、女性ならではのことを、もっともっとしていって。例えば、女性らしさを出すとか、感覚的に生きるとか。そうしようと思って生まれてきてるんだから、仕事とか男性的なことばっかりしてちゃダメだよ。今そっちばっかりやってるでしょ?」

おっしゃる通り&自分自身でも漠然ともう分かってきていたことなので、ひたすら、心に染み込ませるように、粛々と聞いてきました。

うん。おかげさまで、漠然と感じつつも、現実的な動きに繋げられなかった部分が、なんか、橋ができて繋がった感じです。

いい感じです♪ よっしゃあ♪

さて、この後、ふと気がついたのですが、私とフラワーエッセンスを介してご縁をつないで下さる方は、同じような方が多いような、、、。

とても真面目で頑張りや、でも、本人はそうするのが普通なので、頑張っていることさえも気づかない。でも、その頑張り過ぎが体にキッチリでていて、肩甲骨や腰や肩がガチガチ。

我慢強いので、その状態でもかなり頑張れる(繰り返しますが、本人は頑張ってる自覚も感覚も一切ないので、頑張っているつもりもない)から、限界ギリギリまでやってしまう。

心当たりのある方は、ぜひ、rumia フラワーエッセンスショップへどうぞwww  そのタイプを特に専門的に取り扱っております(笑)。そこのとこ、得意ですよ♪(ΦωΦ)フフフ…

今回の声診断で気づいたのは、こういうタイプは、ひたすら我慢強く、黙って、一人で頑張るので、積極的に自分を表現したりしないのです。もちろん、世間一般的に、問題なく、人とコミュニケーションはとれるし、話すこともできる。なにしろ、真面目でお固い“武士”なので、キッチリ色々できてしまうから、何でも問題なくできていると本人も周りも思っている。

でも、自分を自由にのびのびと、奔放に表現することはせず(できず)、ひたすら、そういう自分の自由で奔放な部分をガッチリ閉じ込めて、外に出そうとしません。

今回のボイストレーニングで、声の出し方の体験レッスンをしてもらってやっと気づきましたが、私自身も、もっと外に向かって自分を表現したいのに、なぜ自らそのエネルギーをある一定のところで止めてしまうのだろう?とずっと感じていました。

ちなみに、ここに行くまでに、こんなビジョンが浮かんでいました。

普段は、自分のオーラはのびのびと広がっているのに、気持よく声を出そうと思った途端、自分のオーラがカプセルのようになって、(イメージ上での)手で触れるのです。触り心地も大きさも、まさしく、ガチャガチャのあのカプセルみたいです。自分の声がそれ以上伸びないように、自動的にカプセルが現れるのです。

“わー、なにこれ。おもしろーい” と思いつつ、そのカプセルを内部からナデナデしていたのですが(あ、繰り返しますが、ビジョンで感じるだけなので、イメージの中でしてますが、触った感覚や距離感はとてもリアルに感じられます)、”今日行くところで、このカプセルが外れるというサインだろうな” と感じてました。

今回は、講師認定コースの最終テストで、模擬レッスンを受講生の方がするのに、モニターで生徒役の一人として行きました。

私の先生をして下さったのは、「いっちゃん」こと、高橋功さん(この日、見事講師として認定されました。(^-^)//””パチパチ 受けたい方はアクセスしてみてください!) だったのですが、レッスンがはじまって、私が声をだしはじめた途端、そのカプセルを突き抜けて、カプセルがなくなったのを感じました。その時、めっちゃ気持ちよさを感じました。

自分の声、いえ、声もそうかもしれませんが、自分のエネルギーが、気持よく前方に向かっていくのを感じたからです。

それまでは、“部屋の向こう側にいる人に、自分のエネルギーを届けよう” と思って、一生懸命イメージして声を出すのですが、相手に届いてないのが自分でもよく分かりました。

ちなみに、そういう時は、相手は、私の言葉は聞こえても、心に響かないから分からないと感じます。

でも、私は、相手にメッセージを届けたいのです。でも、一生懸命イメージしてみても、”カプセルの中に収まる範囲でしか出してはいけない”みたいなブロックがあって、カプセル以上の範囲まで、自分のエネルギーを飛ばせない感があって、そのことに対して、ジレンマを感じていました。

これ、武士です、武士www。武士は、多くを語ってはいけないんです(笑)。そういえば、相川さんのリーディングの時にも、これ、言われたような。「武士だから、“黙して語らず”的なところがあって色々自制していた」みたいな。

納得納得♪

さて、これを読んで下さっている、そこのアナタ!

心当たりがあるなら、rumia フラワーエッセンスショップへどうぞ(笑)

カテゴリー: 徒然日記コメント(0)

  • アンケート

    フラワーエッセンスはいかがですか?

    View Results

    Loading ... Loading ...
  • アーカイブ

  • フラワーエッセンス