フラワーエッセンス > フラワーエッセンス 徒然 > フラワーエッセンスを摂りながら、意識してみる Part-2
  • いやしの芸術的インテリア雑貨・サンキャッチャー
  • フラワーエッセンスを摂りながら、意識してみる Part-2

    Pocket

    ◀ フラワーエッセンスを摂りながら、意識してみる Part-1

    感情も、雨が降るのと変わりません。
    雨に対して怒っても仕方ないし、過剰に喜んでも疲れるだけなので、
    雨が止むまで雨の様子を感じてみる というのと同じです。

    怒るのも、腹が立つのも、悪いことではないので、
    ただ感じる。それを誰のせいにもせず、原因もどうでもいい
    という感じですね(^^)

    暴れたかったら暴れてもいいし、叫びたかったら
    叫んでもいいけれど、それを誰かや物にぶつけるのだけは
    やめてください。 誰にも迷惑のかからないやり方で、
    思う存分してください。 そんなやり方なんてないから、
    我慢するというのは、ダメです。何かしら、方法を見つけてください。

    結局のところ、ネガティブとポジティブは表裏一体です。
    優しい=優柔不断 が同じようなもので、自分や周囲の
    都合で、その時々に応じて、善悪も変わります。

    「そのエネルギーや感情自体を単に受け入れる」というよりは、
    『通り過ぎるのを、淡々と見つめるだけ』です。火山の爆発が
    起こって、収まるのをじっと待つのみという感じでしょうか。

    「そのエネルギーや感情自体を単に受け入れる」という
    中に、“受け入れなければならない” という義務感を
    感じるのですが、いかがでしょうか。

    火山の爆発で例えると、溶岩がドロドロ流れてくるのを
    見て、“私が悪いことをしたからバチが当たったんだ!”
    とか思うのは、その現象に何かしら意味を持たせないと
    不安になる思考の恐れからです。

    “今までの知識を総動員して、今どうしたらいいか
    考えよう” というのも同じです。 溶岩がドロドロ流れてきたら、
    ただ、直感と本能に従って逃げるだけでしょ?

    “受け入れる”という言葉の中に、
    「私が全て合わせたら何事も平和に終わるから、
    私が耐えればいいだけのことだ」というニュアンスは
    ないでしょうか?

    爆発する感情や怒りは、耐えずに、上手に発散して
    下さい。表現してください。

    >その落ち込む経験があった際、
    >どうしても本人に伝えなくては気がすまないと思い、自分の気持ちを伝える、という行動を、今考えると実際起こしていたわけなんですが、

    >
    >ただ、この時の結果と考えると、自分のほしいものは望めませんでした。
    >なので現在も恨みや辛さといった感情はなくなっていませんし、
    >伝えた相手の方もやめる気はないとのなので、
    >私が揺さぶられてしまう台詞も以降も聞いています。

    相手や結果に期待していませんか?

    相手には相手の都合や痛みや傷があります。
    基本的に、自分以外は変えられないと思ってください。

    伝える 

    → 相手が自分の望む反応をしてくれることを期待する

    → その通りのものを与えてくれなかった

    → 相手が悪いと思う。または、自分が悪いことをしたと傷つく

    このあたりも、インナーチャイルドに関わりますが、
    欲しいものを要求し、それに従ってくれるかどうかで
    相手の愛を確認しようとするのが
    満たされない子どもです。

    でもね、自分にも自分の都合があるように、
    相手にも相手の都合も傷も痛みもある。

    望むとおりの結果とならなくても、
    相手のせいでもないし、自分のせいでもなく、
    ただ、今はお互いかみ合わないだけの時期です。

    コメント(0)|2016年5月19日12:54 PM

  • アンケート

    フラワーエッセンスはいかがですか?

    View Results

    Loading ... Loading ...
  • アーカイブ

  • フラワーエッセンスを摂りながら、意識してみる Part-2