• カテゴリ

  • 病気 フラワーエッセンス

    何をしても子供の咳がなかなか止まらなかった時に、

    フラワーエッセンスを飲ませてみようと思って

    飲ませた時があります。

     

    フラワーエッセンスにも、病気に対応した使い方を

    解説する本があって、色々ありますが、

    私の手元にはたまたまこの本があります。

    > > > 花の力で癒すバッチフラワーエッセンス事典

     

     

    この本、いい本なんですが

    イマイチ私は使いこなせなくて、使っていませんでした。

     

    でもまあ、体の症状をてがかりにフラワーエッセンスを探すのには

    私の持っているものではこれしかなかったので、

    咳=アレルギー症状から生じているらしい というのがあったので、

    アレルギーで調べました。

     

    アレルギー →体内に入ってきた物質に対する拒絶反応

    ビーチ: 不寛容な態度 > > > ヒーリングハーブス フラワーエッセンス ビーチ 10ml

    ホリー: 感覚的に嫌なものや状況がある > > > ヒーリングハーブス フラワーエッセンス ホリー 10ml

    他にも提示されているエッセンスはありましたが、これが

    一番に出てきました。

     

    そうなのかしら、、、、なんか(息子には)違う気がすると思いつつ、

    飲ませてみましたが、、、、、

     

    あ~、やっぱりこのエッセンスとちゃうわ!

     

    と気づきました。

     

    今回のことで、ものすごくよく分かったのは、

    相手をよく見ずに、

    機械的にこれならこれ!という風にエッセンスを

    本で調べて選んでもそりゃ効かんわ!

    ということ。

     

    フラワーエッセンスも人間も、

    精妙なエネルギーなので、そんな方程式で

    計算できるものではないのです。

     

    長くフラワーエッセンスを使ってきて、

    エッセンス仲間ともよく話しますが、

    このエッセンスを飲んだらこんな意外なところにも

    効いた!ということが結構あります。

     

    フラワーエッセンスってね、その花の持つエネルギーなんですが、

    人間と同じで、その花の持つエネルギーを全て

    説明できる訳ではないんですよね。

     

    人間だって、いろんな面があって説明しきれないし、

    説明するにしたって、言葉で厳密に表現できる訳じゃない。

     

    仕方ないので、一般的なくくりにいれて、

    「この人はこういうタイプです」

    ととりあえず紹介するだけに過ぎない。

     

    フラワーエッセンスの定義やどんな効果があるというのも

    その一つに過ぎないから、使う人が思わぬ効果を引き出すこともあるし、

    フラワーエッセンスとその人の絶妙な相性で、

    定義に書いていない効果を引き出せたりもするのです。

     

    あ、話がそれちゃったwww

     

    で、やっぱり息子のアレルギーの咳にはこれじゃなかったな~と

    納得しつつ、気がついたのは、

    生じる症状は同じでも、そのベースにあるものは何かは分からないということ。

     

    一般的に、怒りのエネルギーばっかりを持っている人は心臓病になりやすい

    といいますが、これだって ”一般的には”  というだけに過ぎないから、

    やっぱりその人自身をしっかり見て感じないと分からないのです。

     

    息子の場合は、

    “構って欲しい” ”淋しい” のが溜まってくると、

    どうやらアレルギーが出るような感じです。

     

    幼い頃アトピーでかゆみがひどかったので、

    毎日血だらけで痛々しい格好の赤ん坊だったので、

    私も周りもかわいそう、なんとかしてあげなくちゃ!と

    エネルギーを注いでいたのです。

     

    息子にはその時の記憶がある。

     

    だから、ストレスを感じたり、不安になると、

    すっかりアトピーもよくなった今もかゆくなる。

     

    ちなみに、ある人から

    「構いすぎると治るのに時間がかかる」と

    アドバイスをもらってから、かゆい!と騒ぎ出しても

    あまりおおごとにせずに、ささいなこととして相手するように

    しました。

     

    何が効いたのか結局今でもよく分からないのですが、

    こうするようになってから、かゆいのがどんどん減ってきたように

    思います。

     

    “かゆくてかわいそう!” という現象にエネルギーを向けると、

    そのことにエネルギーを注ぎ込むことになるので、

    そのことが実現してしまうんですね。

     

    エネルギーの法則の視点から見ると、これも納得できることです。

     

    原理を考えると、

    フラワーエッセンスでも体の症状や病気を治すことは

    出来るはずですが、精妙なエネルギーだけに、

    感覚でつかみとらないといけないところがあるので、

    私はまだまだこういう面では使いこなせていません。

     

    オババになった頃にはできるかしら(笑)

     

    ナウシカに出てくるオババになるのが私の夢ですwww

    (「大気が怒りにみちておる!!」とか偉そうに叫ぶんだ♪)

     

     

     

    カテゴリー: フラワーエッセンス 徒然コメント(0)

    親戚づきあい 悩み フラワーエッセンス<おまけ>

    以前に書いた日記「親戚づきあい 悩み フラワーエッセンス」の後に

    ふと気づいたこと。

     

    親戚が集まると、必ずどこかで揉め事や、父のヒステリーと

    それに対する反論(と言っても、みんながみんな、自分の言いたいこと

    だけを言っていて他の人の言うことに耳を貸さない。まるで

    うるさくがなりたてるスピーカーがそこかしこにいっぱいあるかの

    ようwww)で、聞いている方がうんざりしてくる状況が必ず

    一回はあるんですが、今回の法要には全くなかった!!!

     

    一般的にはそれが当たり前なので、

    私も最初気づかなかったんですがwww、

    うちの親族での集まりでは

    それがものすごくすごいことだということに

    後から気づいて驚愕、いえ(笑)、驚嘆しました。

     

    “たった一日飲んだだけでどうにかなるもんでもない”

    と思っていたんですが、

    重病人は効くものがあったら、ものすごく明らかに

    効果を実感できるのと同じで、

    強烈すぎるところには1日でもはっきりした分かりやすい効果として

    出ることにも気がつきましたwww

     

    うちの父は、自分が世話した公務員の仕事を勝手にやめた姉に

    腹を立てつづけ、もう10年以上になるかというのに、未だに姉に対して

    勘当同然の扱いで、姉が一言言うだけでものすごい勢いで

    姉を罵倒しはじめるんですね。このことは、誰がいようと場所がどこだろうと

    見境なくやってましたから、親族もよく知っていて、

    あまりの言い様と態度に親族も腹を立てて父に怒って注意してました

    (→これがまた火種となってギャンギャン言い合いが始まる(^-^;)

     

    年齢とともにそれも少なくなってきたのもあったんですが、

    まだ完全には抜けてない。

     

    それなのに、、、

    法要の後、欠席した親族のうちに食事の折を持っていけ!と

    父から姉に頼んだんだそうで、それを見ていたうちの親族たちは

    驚愕!!びっくりしすぎてしばし呆然!!

     

    ありがとう♪ フラワーエッセンス♪

    ただ、これだけです♪

     

    あ、でもこれで全てが解決した訳ではないですよ(笑)。

    こんなに根が深いものが、一日やそこらで完全に解放されるもんでもありません。

     

    完全にそのエネルギーが抜けるまで、しばらく飲んだ方がいいのは

    当たり前。人間誰しもすぐに慣れ親しんだエネルギーや習慣に

    戻りますからwww

     

    カテゴリー: フラワーエッセンス 効果,フラワーエッセンス 徒然コメント(0)

  • アンケート

    フラワーエッセンスはいかがですか?

    View Results

    Loading ... Loading ...
  • アーカイブ

  • フラワーエッセンス